バスご利用上の注意事項

手荷物について

    トランクルーム
  • 高速バスや一部の観光路線バスには、車体下にトランクルームがあります。
  • 荷物の積み込み,取り出し等は、お客様ご自身でお願い致します。(係員がお手伝いさせていただく場合もあります)
  • 貴重品や壊れやすいもの,なま物等は,トランクにお入れにならないようお願い致します。
  • 上高地・乗鞍地区の路線バスなどで、登山用・スキー用の荷物をトランクルームにお預けになる場合、他の荷物の破損、怪我の原因になりますので、アイゼン、ピッケル、ペットボトル、カバー類などはすべて取り外した上でお預けください。

  • お預けになった荷物は、次のお客様の荷物を重ねたり、場所や角度を変える場合があります。その際、お荷物の破損,汚損,紛失等につきましては,いかなる場合も当社では保証致しかねます。
  • 高速バス長野−京都・大阪線はトランク容量が小さいため、スキー、スノボなど大型荷物の持ち込みはお断りしています。(事前に宅配便等でお送りいただくことをお勧めします)

動物の持ち込み

  • 高速バス全路線、及び乗鞍山頂へのシャトルバスでは、小動物の持込を全面的にお断りしています。
  • その他の路線では、小動物(子犬、子猫、小鳥など)は、他のお客様のご迷惑にならないと当社係員が判断した場合に限り、持込可能です。その場合、箱か篭に完全に納め、お客様の膝の上にお乗せください。
  • バスご乗車中は、小動物の鳴き声、排泄物、臭い等が車内に漏れることのないようお願いします。
  • 車体下トランクルームには、生き物は入れられません。
  • 盲導犬、介助犬、聴導犬は、この限りではありません。なお、高速バスでは介助犬について、座席を確保した上で小児運賃を頂きます。

車内での安全

  • 走行中のバスは、周囲の状況により急ブレーキをかける場合があります。空席がある場合は必ず席におかけください。お立ちの場合は、手摺り等にしっかりおつかまり下さい。
  • バスを降りる際は、バスが完全に停車してドアを開けてから席をお立ちください。
  • 高速バスは高速道路を走行するため、立ち席乗車はできません。満席の場合は、ご乗車になれませんのでご注意ください。
  • 高速バスにご乗車の際は、お客様自身の安全のため、シートベルトの着用をお願いします。

禁止事項

  • バスの車内は禁煙です。
  • バスご乗車中は、携帯電話はマナーモードに設定し、通話はお控えください。(高速バスで、車内最後部トイレ横に「サービスシート」のある車両は、「サービスシート」でのみ携帯電話の通話可能です)
  • 一般路線バスで「ゆずりあいシート」のある車両では、その付近では携帯電話の電源をお切りください。
  • バス車内に危険物、多量のマッチ、硫黄、腐食物質、不潔なもの、臭気を発するもの、ほかのお客様に危害を及ぼしたり迷惑をかける恐れのあるもの等を持ち込む事は出来ません。
  • バス車内で,大量の飲食、飲酒、大声、臭気の発生など、ほかのお客様に迷惑となるような行為があった場合は,乗務員の判断で途中で下車頂く場合がございます。