【バス】乗車券のルール

乗車券の変更

  • 高速バスなど、便を指定した乗車券の変更は、有効期限内で指定便の発車前に限り可能です。
  • 乗車券を変更する場合、これまでの乗車券を1回払い戻し(払い戻し手数料がかかります)、新規にご購入いただく形になります。
  • 変更後の運賃が同額の場合のみ、1回まで手数料なしで変更できます。

乗車券の払い戻し

  • 有効期限内の乗車券は、所定の手数料を頂いた上で、払い戻しします。
  • 高速バスなど、便を指定した乗車券は、指定便の発車前に限り可能です。
  • 回数券は、「表紙」と一緒でない場合は、払い戻しできません。
  • 企画きっぷなどの場合、ご使用開始後の払い戻しができない場合があります。
  • 払い戻し手数料は、以下のようになります。
     片道乗車券、往復乗車券・・・100円
     回数券・・・210円
     定期券・・・520円
  • 割引のある乗車券(往復乗車券、回数券、定期券など)の使用開始後の払い戻しは、発売額から使用済みの通常運賃(割引なし)と払い戻し手数料を差し引いた金額となります。
     (例)
    使用開始前の乗車券 払い戻し額=発売額−払い戻し手数料(100円)
    使用開始後の往復乗車券 払い戻し額=発売額−片道普通運賃−払い戻し手数料(100円)
    使用開始後の回数券 払い戻し額=発売額−(片道普通運賃×使用済み枚数)−払い戻し手数料(210円)
    使用開始後の定期券 払い戻し額−発売額−(片道普通運賃×2回(往復換算)×経過日数)−払い戻し手数料(520円)
  • 高速バスなどで、コンビニの情報端末により購入した乗車券は,上記とは異なるルールで,契約会社(ウェルネット、JTBなど)との間で払戻精算をしていただきます。その場合,複数の手数料が加算される場合がありますので,ご注意ください。
    詳細は,契約会社のサイトをご覧になるか,購入した乗車券の「ご利用明細」に記載の内容をお確かめください。

乗車券を紛失した場合

  • 乗車券を紛失した場合は、同じ内容の乗車券を再度購入していただきます。その際、紛失した旨をお申し出頂き、「紛失証明書」を発行します。
  • 紛失した乗車券が1年以内に発見された場合は、発見された乗車券と「紛失証明書」を窓口にお持ちください。「払い戻し手数料」を差し引いた額をお返しします。
  • バスご乗車後に乗車券を紛失し、お降りの際に乗車券がない場合も、同様の扱いをさせていただきます。
  • 乗車券が盗難に遭った場合、ご乗車時に乗車券を忘れた場合も、同様の扱いとなります。

その他の注意事項

  • 乗車券は有価証券です。偽造等が発見された場合、法律的に罰せられる場合があります。
  • 有効期限外の乗車券でご乗車された場合、区間外にご乗車された場合なども、同様に法律的に罰せられる場合があります。
  • 定期券の不正使用が発見された場合、運送約款に基づき、通用開始日から不正発見日まで毎日往復利用した場合の通常運賃額に、それと同額を加算した金額をお支払いいただきます。