【お詫び】長野市バス共通ICカード『くるる』のシステムの不具合による運賃の過収受について
2013/07/24


   

 平成24年10月27日から運用を開始しました「長野市バス共通ICカードくるる」について、ご利用いただいたお客様から、通常運賃を超える運賃を収受していたことが判明いたしましたので、その内容及び対応についてお知らせいたします。

お客様には大変ご迷惑をお掛けし、心よりお詫び申し上げます。

 

 1 発生期間

  平成24年11月10日~平成25年6月3日のご利用分

 

2 過収受の内容

 定期券又はおでかけパスポートでのバスの乗降時の車載器でのカード読取時において、一定の条件下の際に、停留所コードがずれるエラーが生じ、実際の停留所とは異なる停留所又は停留所不明と機器が誤認し、通常運賃を超える運賃を引き落としてしまったものです。

(1) 定期券区間外運賃の引き落とし

定期券区間内利用にもかかわらず、区間外利用とみなして、余計に運賃を引き落としたものです。

  (2) おでかけパスポート区間外運賃の引き去り

おでかけパスポート区間内利用は、一般の方の場合は100円を引き去るべきところ、区間外利用とみなして、余計に運賃を引き落としたものです。 

 

 3 対象件数及び人数

  対  象 106件、102人、13,470円

  返金済み  23件、 22人、 3,130円

  今後対応  83件、 80人、10,340円

 

  4 原因と対策

 開発事業者(委託事業者の下請事業者)が取り付けたバスの車載器内部の内蔵ソフトウェアの不具合を、委託事業者がテスト工程で発見することができなかったことが原因です。

事象発見時(本年1月)より、バス事業者から委託事業者及び開発事業者に調査を依頼していましたが、出現率が低く、事例がない事象であったことから、原因究明に時間を要し、発生期間が長期間にわたってしまいました。

平成25年6月7日に内蔵ソフトウェアを修正し、全バス車両の車載器改修を完了しました。なお、以後7月11日までの実績データ全件を確認したところ、当該事象は発生しておりません。

 

 5 お客様への対応

 お客様には、謝罪と返金をさせていただく旨を記載したご通知文を、7月22日付けで郵送いたします

 お客様にはご面倒をお掛けいたしますが、当該ご通知とご自身のくるるカードを窓口にご持参いただき、その場でカードに返金をいたします。

 なお、窓口への来訪が困難なお客様には、ご連絡をいただければ、ご自宅へ訪問し返金をさせていただきます。

窓口は全12か所

(1) くるるカードセンター(問御所町トイーゴSBC2階)

(2) 長野バスターミナル

(3) アルピコ交通長野駅前案内所及び各営業所(長野(小島田町)、松代、戸隠、新町)

  (4) 長電バス長野営業所(村山)及び長野電鉄主要駅(長野駅長野売店、権堂、信濃吉田、須坂)

 

   【お問い合わせ先】

  くるるカードセンター(問御所町トイーゴSBC2階) ℡026-232-0966(10:30~19:00)