決められた道を進んでほしくない。バスなのに、そう思うんです。

社員を知る社員を知るメッセージリスト

アルピコ交通株式会社が運行するバスは長野県に住んでいる人なら誰もが目にする乗り物。私自身も小学校から高校生まで毎日アルピコの電車とバスを利用していました。就職活動を行なう時期になって、観光に関わる仕事がしてみたいと考えるようになり幼い頃から馴染みもあり、地域の人々の暮らしに密接していることや信州という観光地で事業を展開しているこの会社に自ずと魅力を感じ入社を決めました。
1年目の現在、貸切バスやツアーの予約窓口を担当しています。お客様の旅行や催事で利用するバスを計画通り運行する準備をすることが業務内容になります。お客様からいただくお電話に最初に応対するのが私です。入社当初は電話を取り、お客様のお名前を聞き取ることで精一杯でしたが、上司や先輩の指導やアドバイスを受けながら、今では様々な問い合わせ内容にスムーズに応えられるようになってきました。また、最初にお客様との応対で不備のない様、細心の注意を払い「一つの旅行」を成立させるのになくてはならない業務だと責任を日々感じています。その中で私自身が心がけている一つに「女性目線での気配りをすること」があります。男性が多い職場なので女性ならではの気遣いやアイデアがお客様に届けられるようにすることが目標です。そのためにも、明るい笑顔で前向きに幅広い知識と応対力をつけて、お客様に楽しい旅行をご提供していきたいですね。

お客様が貸切バスを利用する目的は、観光だけでなく、学校行事、冠婚葬祭、企業研修など多様にあります。その目的に合わせてバスのタイプや大きさを選定し、出発地、目的地の確認、時間などを正確に把握し、行程を組んでいきます。わかりにくいルートや場所がある場合は詳細な地図を作成することも業務の一つです。
これらのことを社内の関連部署やバスの乗務員に社内システムを使って通達していきます。
少しの手違いや誤解があるとお客様のご希望に沿った運行ができなくなります。だから、一つひとつのご予約に対して緊張の連続ですが、上司や先輩たちがいつでも温かく、わからないことも、すぐにアドバイスをしていただけるので自信を持って業務を遂行することができます。電話での応対が多いので、直接お客様と会う機会は少ないですがいつもお客様の満足していただいている顔を思い描きながら、運行終了まで携わっています。
一つのご予約が無事終了したときの達成感は社会人でしか味わえない経験ですね。

スケジュール

マイナビ2018