決められた道を進んでほしくない。バスなのに、そう思うんです。

社員を知る社員を知るメッセージリスト

入社して7年目。現在までに複数の部署を経験しました。
就職当初から、色々な経験を積み実力をつけていきたいと考えていましたので、部署が異動になるごとに「新しいチャンスに出会える」とワクワクした気持ちがこみ上げてきました。我が社は、交通事業が中心ですが、単にバスや電車を運行するだけでなく、それを取り巻く地域の人の暮らしや観光などをプロデュースし、運営する会社だと感じています。それは、入社1年目から感じることができました。
入社当初1年間は、お客様と身近に接し現場を知ることができる上高地・乗鞍の玄関口、新島々営業所の配属になりました。このことは、私のキャリアに大きな価値として残ることになります。同期入社の社員と同じ配属になったことでお互い刺激になり業務を行えたこともありますが、社会人としてスタートしたばかりの私に親切、丁寧に業務を教えてくれた上司、先輩、そして本当に大勢のお客様と毎日出会うことができ、やはり「人と人とのつながり」が大切だと身をもって経験することができました。

現在は、高速バスに関する企画や地域の法人様へバス利用の営業訪問などに携わっています。
年々観光の形態もよりパーソナライズ化され、オリジナル性を持つ企画が必要となってきました。そんな中で市場をマーケティングし、日々、多くのお客様にご利用いただける企画を考えております。
自分の企画で、当社の交通機関を利用していただけるお客様がいることは、とてもうれしく、自分の成果として自信につながりますね。
部署を多く異動し、大変だと思うこともありましたが、様々な業務と経験を与えてくれた会社には本当に感謝しています。経験してきたことで現在の仕事と直接関わることが少ない業務もありますが、その先にいるお客様という存在は、共通です。今までの経験と多くの人と出会えたことは、どんな場面においても生かせていると感じています。
現在就職活動している皆さんにも、自分が目指すことに対して柔軟に考え、この先に出会う人との縁を大切にして欲しいと思います。

スケジュール

マイナビ2018