江ノ島電鉄の観光交流提携について

バス

○●○松本市・藤沢市の観光交流における一層の活性化へ向けて○●○
アルピコ交通・江ノ島電鉄の観光交流提携について


アルピコ交通では、松本市・藤沢市両市の観光交流における一層の活性化を図るべく、
江ノ島電鉄株式会社(藤沢市)と『藤沢及び松本の観光交流に関する協定』を締結致しました。
これに合わせ11月1日(金)ホテルブエナビスタ(松本市)にて、締結式を実施致しました。

締結式は松本市長 菅谷 昭 氏、藤沢市長鈴木 恒夫 氏の両市長を協定立会人としてご出席いただき、開催致しました。
松本市と藤沢市は昭和36年の姉妹都市提携締結以来、両市での観光交流を行ってきました。
今後より一層の取り組みにあたるべく、両市の協力体制のもと観光交流拡大によって地域振興に寄与します。

アルピコ交通では、本年6月に江の島・藤沢への募集ツアーを実施、
江ノ島電鉄ではグループ会社にて上高地へのツアーを企画・実施しております。
今後は相互の宿泊・観光施設を活用した更なるツアーを季節毎に企画し、
観光交流の拡大に取り組みます。また交通媒体などでの相互の観光PRを実施します。

アルピコ交通では、今後より一層信州の魅力の発信、地域のお客様へ楽しさ・ときめきを提供し、
関係機関の協力を得る中で、新たな魅力のある企画を積極的に実施、
松本市・藤沢市における観光需要拡大を目指します。

トピックス一覧へ