四季の森について

四季の森ニュース

rss

CONTACT

TEL.0120-753-880

お問い合わせ・資料請求

  • 八ヶ岳中央高原
    四季の森販売管理センター
  • 【営業時間】 9:00~17:00

ホワイトレディー

昨晩からの雨が残っていた朝でしたが、次第に天候は回復し、久しぶりに青空が出ました。

 

P1040618.JPG

今朝の八ヶ岳

まだ朝は雲が広がっていました。

P1040623.JPG

西山(入笠山)方面

 

     販売管理センター          26℃ 15:50現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ 21.1℃ 15:40現在

 

 

 

さて、昨日原郵便局へ出向いたところ、

DSC_1962.JPG

残りわずかでしたが、トウモロコシが販売されていました。1本100円です。

白いおおもの「ホワイトレディー」です。

これが噂に聞く白いトウモロコシかと思い、買ってみました。

 

DSC_1967.JPG

皮をむくとツヤツヤの白いトウモロコシが出てきました。

実もびっしりと詰まっています。

DSC_1968.JPG

 

DSC_1969.JPG

茹で上げて、半分割にしてみました

食べてみたところ、とっても甘くて美味しい~!

実の皮がうすいのと、実が詰まっているので、実離れが少々悪いのですが、

甘く美味しいのであまり気になりません。

 

トウモロコシ畑.JPG

トウモロコシ畑

トウモロコシ畑 (3).JPG

トウモロコシの花

 

原村は標高も高いので、昼夜の寒暖差が大きく、トウモロコシはもちろん、高原野菜の一大産地です。

原村産のトウモロコシといえば、美味しいと定評がありますが、

白いトウモロコシは元々甘みが強い上に、原村育ちということで更に甘みが増しているのでしょうね。

皆さまも見かけましたら是非お試し下さい。

 

皮つきのトウモロコシは、皮が緑色をしていて、先端のヒゲが褐色になっているものが完熟しています。

ヒゲは1本が1粒とつながっているものなので、ヒゲの多いものが粒が多いということになるようです。

鮮度が落ちやすいので、皮は料理する直前に剥くことをお勧めします。

 

私は茹でてしまったのですが、1本でしたら5分ほどレンジで皮ごとチンすればいいようです。

皮がラップの役割をするんですね。

また、ホワイトレディーのような白いトウモロコシは実の皮がうすいので、生でも食べられるようですよ。

私も今度手に入れたら生で食べてみようと思っています。

 

原村では、トウモロコシの中でも最も甘いとされる「ピクニックコーン」という品種も栽培されているようです。

こちらも是非食べてみたいですね。

 

 

DSC_1971.JPG

今日のセンター

DSC_1972.JPG

ヤブジラミ(からまつの小径)