四季の森について

四季の森ニュース

rss

CONTACT

TEL.0120-753-880

お問い合わせ・資料請求

  • 八ヶ岳中央高原
    四季の森販売管理センター
  • 【営業時間】 9:00~17:00

先日四季の森とあるオーナー様より

 

しらかば平に「蛇」が出たとご連絡頂きました。

 

画像をご覧ください。(分かりづらいですが、赤丸部分です)

 

snake.jpg

 

草刈りなどされる際は十分お気を付けください。

 

昨晩からの雨が残っていた朝でしたが、次第に天候は回復し、久しぶりに青空が出ました。

 

P1040618.JPG

今朝の八ヶ岳

まだ朝は雲が広がっていました。

P1040623.JPG

西山(入笠山)方面

 

     販売管理センター          26℃ 15:50現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ 21.1℃ 15:40現在

 

 

 

さて、昨日原郵便局へ出向いたところ、

DSC_1962.JPG

残りわずかでしたが、トウモロコシが販売されていました。1本100円です。

白いおおもの「ホワイトレディー」です。

これが噂に聞く白いトウモロコシかと思い、買ってみました。

 

DSC_1967.JPG

皮をむくとツヤツヤの白いトウモロコシが出てきました。

実もびっしりと詰まっています。

DSC_1968.JPG

 

DSC_1969.JPG

茹で上げて、半分割にしてみました

食べてみたところ、とっても甘くて美味しい~!

実の皮がうすいのと、実が詰まっているので、実離れが少々悪いのですが、

甘く美味しいのであまり気になりません。

 

トウモロコシ畑.JPG

トウモロコシ畑

トウモロコシ畑 (3).JPG

トウモロコシの花

 

原村は標高も高いので、昼夜の寒暖差が大きく、トウモロコシはもちろん、高原野菜の一大産地です。

原村産のトウモロコシといえば、美味しいと定評がありますが、

白いトウモロコシは元々甘みが強い上に、原村育ちということで更に甘みが増しているのでしょうね。

皆さまも見かけましたら是非お試し下さい。

 

皮つきのトウモロコシは、皮が緑色をしていて、先端のヒゲが褐色になっているものが完熟しています。

ヒゲは1本が1粒とつながっているものなので、ヒゲの多いものが粒が多いということになるようです。

鮮度が落ちやすいので、皮は料理する直前に剥くことをお勧めします。

 

私は茹でてしまったのですが、1本でしたら5分ほどレンジで皮ごとチンすればいいようです。

皮がラップの役割をするんですね。

また、ホワイトレディーのような白いトウモロコシは実の皮がうすいので、生でも食べられるようですよ。

私も今度手に入れたら生で食べてみようと思っています。

 

原村では、トウモロコシの中でも最も甘いとされる「ピクニックコーン」という品種も栽培されているようです。

こちらも是非食べてみたいですね。

 

 

DSC_1971.JPG

今日のセンター

DSC_1972.JPG

ヤブジラミ(からまつの小径)

 

今日は、朝から強い雨が降っていましたが、四季の森に到着する頃には上がりました。

午前中のうちに天気は回復し、14時現在晴れています。

湿度が高いので、気温はそれほど高くないのですが、ムシムシとしています。

 

P1040609.JPG

今朝のまるやち湖

今朝は雨のため山は見られませんでした。

P1040611.JPG

まるやち湖の駐車場周辺の森では、なんの樹木か翼果が赤く染まってキレイでした。

 

     販売管理センター          26.5℃ 14:00現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ 23.4℃ 14:00現在

 

 

 

さて、別荘地内で見られるのではないかと探していたのですが、、今日見つけることができました。

DSC_1957.JPG

ハナビラダクリオキン

ちょっとグロテスクで申し訳ございません。直視しないほうがよいと思います。

ゼラチン質で姿が脳みそ状になるというキノコなのですが。

アカキクラゲ科に属する担子菌の一種です。

DSC_1956.JPG

こんな切り株に生えていました。

このキノコは時間が経つと溶けてしまうそうなので、ちょっと発見するのが遅かったようですね。

DSCPDC_0001_BURST20200730104.JPG

切り株の根元にはこんなキノコが

DSC_1955.JPG

近くにはこんなキノコもありました。

DSC_1960.JPG

センターにはこんなキノコも生えていました。

こう雨が多いと菌類は元気になりますね。

 

 

今日、別荘地内で見つけた動植物です。

DSC_1953.JPG

スイカズラの実

DSC_1952.JPG

コオニユリ

DSC_1937.JPG

淡いピンク色のキキョウ

DSC_1942.JPG

ブルーベリーの実

DSC_1950.JPG DSC_1958.JPG

オカトラノオ                                        オオバギボウシ

 

DSC_1944.JPG

別荘地内では、ヨツバヒヨドリに虫やチョウが集まっています。

DSC_1963.JPG

群生のヨツバヒヨドリとヒョウモンチョウ(こけもも平)

いったい何匹のチョウがいるのでしょうか。

人間が近づいても夢中で蜜を吸っていて逃げません。

DSC_1946.JPG

ヒョウモンチョウとノアザミ

 

皆さまも別荘地内や周辺の散策を楽しんで下さいね。

 

 

DSC_1961.JPG

今日のセンター

DSC_1966.JPG

キンミズヒキ(からまつの小径)

 

今日も雨が降っている四季の森です。

朝は久しぶりに雨が降っていなかったのですが、10時頃から降り始めました。

午前中は小雨でしたが、12時半現在、真っ暗になってきたので、激しく降ってくる可能性もあります。

 

     販売管理センター          22℃ 12:30現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ 18.9℃ 12:30現在

P1040572.JPG

今朝の八ヶ岳

裾野しか見えていません。

 

 

さて、別荘地内や近隣の森では、

ウバユリ.JPG

こんな姿の植物を見かけます。なんでしょうか。

 

 

 

車を進めると咲いているものがありました。

P1040579.JPG

ウバユリです。

ウバユリは、関東から西の地域に自生するユリの仲間です。

花はテッポウユリに似た筒のような形の花ですが、葉は他のユリとは異なっています。

ハート形にも見えることから、英語では「ハートリーフ・リリー」と呼ばれ親しまれています。

鱗茎(うろこ状の葉)や球根は食用にもなります。

ウバユリ (3).JPG

ウバユリは、若苗の時は根生葉だけで、鱗茎が太ると直立した太い茎をのばし花をつけます。

一度花を咲かせると完全に枯れて鱗茎もなくなってしまいますが、根元にはまた新しい鱗茎ができるので、

毎年のように花を見ることができます。

種からも育つのですが、その場合6~7年もの長い時間を費やしてから、花をつけるのだそうです。

すごいですね。

 

 

ウバユリは、漢字にしますと「姥百合」となります。

姥とは年配の女性のこと。

ウバユリは花を咲かせる時期になると、病害虫などで葉を落とすことがあり、そのことから

葉(歯)がないということで老女に例え名付けられたという説があります。


 

さて、ウバユリが咲く森では、

P1040591.JPG

チダケサシも咲き始めました。別荘地内でも見られますよ。

P1040577.JPG

淡いピンク色の可愛らしい花ですね。

アスチルベと同じユキノシタ科チダケサシ属です。

 

 

DSC_1935.JPG

今日のセンター

P1040587.JPG

ヤナギランとモンキチョウ

 

 

※原村を含む、諏訪地方には現在大雨警報が出されています。

 厳重な警戒をお願い致します。

 

今日も朝から雨が降ったり止んだりのお天気です。

同じような天気がずっと続いています。

お散歩も庭仕事もできないので、家に籠りがちで気分も晴れませんね。

昨日は日が射した時間帯もあったのですが、、すぐに天気が変わり雨が降り出しました。

 

P1040391.JPG

通勤途上の擁壁も苔生しています。

 

P1040515.JPG

今朝のまるやち湖

八ヶ岳は全く見られませんでした。

 

     販売管理センター         22℃ 14:40現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ 18.7℃ 14:40現在

 

 

まるやち湖の周りでも水辺の植物が楽しめます。

クサレダマ.JPG

クサレダマ

サワギキョウ.JPG

サワギキョウ

P1040518.JPG

ガマの穂

ウマノアシガタ.JPG

ウマノアシガタ

 

こう愚図ついた天気が続いていますと、

P1040554.JPG

もうモミジが紅葉し始めてきたような・・・

P1040529.JPG

鉢巻道路や、ペンション線の村道、エコーラインなどで見られます。

前にご紹介した病葉(わくらば)ではないようです。

梅雨明けして暑くなれば、元の葉の色に戻るのでしょうか。

雨ばかりで、樹木だって季節を間違えてしまいますね。

 

 

さて、エコーラインで茅野方面へ走っていますと、

P1040534.JPG

パセリ畑が広がっていました。

P1040535.JPG

長野県はパセリの一大産地で、冷涼な気候、昼夜の寒暖差などを生かして、

茅野市を中心に栽培が盛んに行われています。

パセリは、セリ科の2年草。1年目に葉っぱを茂らせ、2年目に白く可愛い花を咲かせます。

栽培されているのは、品種改良で葉が縮れたカーリーパセリです。

レストランなどで料理のつけ合わせに必ずと言ってよいほど登場し、なくてはならない存在なのですが、

なかなか主役とはならない食材です。

しかし、その栄養価は緑黄色野菜の中でも王様と言われるほど高く、

βカロテンやビタミンE・ビタミンCといった抗酸化ビタミン、鉄・カリウム・カルシウムなどのミネラル、

さらには食物繊維や葉酸も豊富に含まれているようなので、付け合わせだけでなく、

料理の具材として取り入れてみてはいかがでしょうか。

我が家では、お浸しにしたり、湯がいてツナとマヨネーズを合わせてサラダにしたり、天ぷらにします。

 

パセリは、乾燥には強いのですが、大雨や長雨には弱い作物なんだとか。

この雨続きで、パセリも不作なのでしょうか。

 

 

パセリ畑の近くには、

P1040530.JPG

ダリアが咲き始めていました。

P1040531.JPGP1040532.JPG

 

 

 

そして、エコーライン沿いには、

P1040537.JPG

アスチルベ畑?

P1040541.JPG

ちょうど見頃でした。

 

 

 

P1040555.JPG

今日のセンター

P1040556.JPGP1040559.JPG