四季の森ニュース

四季の森ニュース

今日は台風一過で晴れました。

太陽の光が眩しいです。

連休初日から台風で、心配しましたが、

何事もなく、ホッとしました。

 

そして、今朝は放射冷却で、肌寒くなりました。

こけもも平の観測地点では、6時台に12.2度を観測しました。

一桁台の気温になるのももうすぐです。

 

P1140528.JPG

朝のうちはまだ雲が多く、北から南に移動していました。

雲がとれる間際といった感じです。

P1140529.JPG

南アルプスは見えていましたが、富士山は雲に隠れていました。

P1140530.JPG

入笠山方面

 

P1140534.JPG

まるやち湖

P1140536.JPG

八ヶ岳自然文化園から見る北アルプス

P1140535.JPG

文化園の入口付近は、木々の葉が色づいて美しくなってきました。

 

さて、日に日に紅葉が進んできている周辺ですが、

色づきが綺麗だったり、イマイチだったり、年によって変化します。

美しい紅葉にはいつくか条件があるのですが、

1つは、秋に「晴れ」が続くことです。

イチョウなどの黄色くなる葉は、葉の中に含まれるクロロフィルという葉緑素が

秋になると働きが衰えることで、緑色の色素が消えて、

もともとあるカロテノイドという黄色の色素が表れてくるため、日照時間とはあまり関係ないのですが、

モミジなどの赤く色づく葉に影響します。

赤い色素はアントシアニンで、葉の中にあるデンプンが光合成をすることで作られるので、

日差しがないと光合成できず、赤くならないということになります。

2つめは、夜の冷え込みです。

夜に気温が高いままですと、木の活動が抑えられずに日中に作られたアントシアニンを

夜にも使ってしまうため、赤くならないのです。

そして、3つめは、適度な雨です。

雨が降らず大気が乾燥しすぎると、紅葉する前に葉は枯れてしまいます。

豪雨や台風になると、葉は落ちてしまいますが、適度が降水量が必要になるわけです。

 

ヤマザクラやヤマウルシなど、紅葉が始まっていますが、

モミジなどはこれから色づいてきます。

これから日照時間が増えていけば、紅葉も美しくなりそうですね。

 

P1140537.JPG

アキノキリンソウ(八ヶ岳自然文化園)

P1140538.JPG

アキノキリンソウはキク科アキノキリンソウ属の多年草です。

伝説の動物である麒麟(きりん)を連想するので、

キリンソウと名付けられたベンケイソウ科の花に似ていて、

秋に咲くことから名づけられたようです。

一枝に花をたくさん穂状につけ、その花穂の形を酒が発酵する時の泡立ちに見立てて、

アワダチソウとも呼ばれます。

 

 

アキノキリンソウは別荘地内でも見られますが、

その他別荘地内で見られる植物です。

P1140306.JPG

アキノノゲシ

P1140333.JPG

ノアザミ

P1140428.JPG

ヤマウド

P1140293.JPG

 

P1140471.JPG

ローズヒップ

P1140189.JPG

ノリウツギ

P1140311.JPG

 

P1140297.JPG

ヒョウモンチョウ

 

午後も晴れて爽やかです。

別荘地内はお散歩に最適な陽気になっています。

 

     販売管理センター           26℃ 15:20現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ 20.6℃ 15:20現在

 

火曜日までは晴天が続くようです。

晴れますと、朝の気温は低くなりますので、暖かくしてお過ごし下さい。

P1140539.JPG

今日のセンター

ドウダンツツジも場所により色づいてきました

P1140542.JPG

 

 

 

 

 

 

今日は、台風14号の影響で激しい雨が予想されていましたが、

予想よりも南側の進路を通っているようで、

四季の森周辺は、午前中はほぼ曇りで、雲から太陽がうっすら見えるような時間帯もありました。

午後は、雨が降ったり止んだりを繰り返していますが、それほど雨量はありません。

今のところ強い風は吹いておらず、いつもとそれほど変わらない状況です。

別荘地内は、少し落枝などが見られた程度ですので、どうぞご安心ください。

台風はゆっくりと太平洋側を東に進んでおり、

雨のピークは過ぎたようですが、風がこれからどうなるのかわかりませんので、

引き続き警戒をお願いいたします。

 

P1140474.JPG

からまつ平(立場林道)

P1140490.JPG

しらかば平(村道)

P1140499.JPG

鉢巻道路

P1140500.JPG

共用道路

P1140511.JPG

こけもも平

 

 

併せて、別荘地内の紅葉と植物をご覧下さい。

P1140489.JPG

 

P1140492.JPG

 

P1140484.JPG

ヤマボウシの実

P1140495.JPG

 

P1140486.JPG

黄金アカシア

P1140501.JPG

 

P1140504.JPG

 

P1140509.JPG

オオツリバナの実

P1140512.JPG

ナナカマド

P1140514.JPG

ヤマウルシ

P1140478.JPG

ジョウビタキのつがいでしょうか

P1140480.JPG

 

 

17時現在、霧雨が降っていますが、

うっすらと山が見えるようになってきました。

P1140521.JPG

こけもも平

 

     販売管理センター           21℃ 17:00現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ 17.8℃ 17:00現在

 

明日は晴れの予報です。

 

P1140523.JPG

今日のセンター

P1140517.JPG

 

 

朝は雲が広がっていた本日ですが、

時間とともに雲がとれて青空が広がっています。

明日からは台風の影響で天気が崩れる予報ですので、

今日の晴れを存分に味わっておきたいですね。

 

P1140442.JPG

今朝の八ヶ岳方面    雲が晴れる寸前といった感じですね

P1140443.JPG

入笠山方面

P1140444.JPG

ソバも実がついてきています

 

 

さて、別荘地内や周辺ではナナカマドの実が赤くなってきました。

P1140404.JPG

原村第2ペンションビレッジ遊歩道沿いのナナカマド並木

 

ナナカマドは、色づいた葉とともに、いち早く秋をの訪れを告げます。

葉が落ちた後も、枝に残る赤い実が美しく、庭木や街路樹としても人気があり、

多くの市町村の木にも指定されています。

寒さにも強いので、北海道でも見かけることが多い樹木です。

P1140454.JPG

ナナカマドは、バラ科ナナカマド属の落葉高木で、原産地は、日本、樺太、朝鮮半島です。

葉と実が真っ赤になった時が一番の見ごろということになりますが、

葉が枯れ落ちた後も、真っ赤な実は腐ることもなく枝についていて、

それはそれで美しいですよね。

ナナカマドの実には、ゾルビン酸という成分があり、

実の中にある真菌や細菌がゾルビン酸取り込むと、菌が死滅してしまい、

実が腐らないという仕組みになっているのだとか。

鳥は熟した実を好んで食べますが、特に影響はないようで、

食品業界では、こうしたゾルビン酸の仕組みを利用して、

細菌やカビの増殖を防ぐ保存料として使用されているそうです。

P1140456.JPG

ナナカマドは漢字で「七竈」と書きますが、

木材が燃えにくく、7度かまどに入れても燃え残るほどだ、

という特性から名付けられたと言われています。

実際には燃えにくい木というわけではなく、

良質の備長炭の材料で、炭にするのに7日間かまどに入れるから、とか、

木の食器としても利用され、堅くて腐りにくいので、かまどを7回替えるまで使える、とか

さまざまな説があるようです。

 

ナナカマドは西洋にも古くからある樹木ですが、日本のナナカマドとは別の品種になります。

が、花も葉も実もそっくりでなかなか区別はつかないようです。

花言葉の文化が西洋から入ってきたとき、セイヨウナナカマドは普及しませんでしたが、

花言葉だけが輸入され、そのまま日本のナナカマドの花言葉になりました。

「慎重」「賢明」「用心」「安全」「あなたを見守る」といった言葉があるようです。

街路樹にするのには、ぴったりの花言葉ですね。

こうした理由から公園や街路樹として選ばれるのかもしれません。

 

ちなみに、

「ナナカマドの実が多い年は大雪になる」という言い伝えがある地方もあるそうですよ。

今年の雪はどうなるでしょうか。

 

 

先日、スタッフが蓼科山登山をしたようです。

今まで天気が悪い日が多かったのですが、やっと気持ちよく山登りができたようです。

thumbnail_IMG_7708.jpg thumbnail_IMG_7713.jpg

蓼科山登山口から登山開始です

thumbnail_IMG_7715.jpg

登山道からはこんな風景が楽しめます

thumbnail_IMG_7721.jpg

 

thumbnail_IMG_7722.jpg

 

thumbnail_IMG_7723.jpg

山頂までもう少し。矢印を頼りに登っていきます。

thumbnail_IMG_7731.jpg

2531mの山頂

thumbnail_IMG_7733.jpg

蓼科神社奥宮

thumbnail_IMG_7738.jpg

頂上からの眺め

thumbnail_IMG_7744.jpg

帰りも岩場を下ります

 

これからの季節、紅葉も楽しめます。

日帰り登山、皆様もいかがですか。

 

 

午後も、雲は広がってきましたが、

まだ日差しもあります。

風が少し強くなってきたかもしれません。

 

     販売管理センター           22℃ 16:00現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ 17.7℃ 16:00現在

 

台風14号は、前からの予報よりも南に下がって日本を直撃するようです。

雨が激しくなるのは、今のところ18日の夜半から明け方にかけてになるとのこと。

まだ暗い時間帯になりますので、どうぞご注意ください。

 

P1140459.JPG

今日のセンター

P1140438.JPG

イチイの実

 

 

 

 

 

 

昨日降っていた雨も上がり、今日はいい天気になりました。

ただ朝は雲が広がっていて見通しが悪かったです。

 

今朝も、カメラで周辺を撮影しながら出勤したのですが、

カメラのSDカードが不調で、画像を取り込めなくなってしまいました。

残念ながら、今朝撮影した画像は日の目を見ることはないかもしれません(涙)

 

 

さて、今日は「老人の日」なんだそうです。

9月15日は、かつて「敬老の日」でしたが、

祝日法の改正により、9月第3月曜日に変更されたため、

かつての「敬老の日」を記念日として残すために制定されました。

国民の間に広く老人の福祉についての関心と理解を深めるとともに、

老人に対し、自らの生活の向上に努める意欲を促す日なのだそうです。

全国の100歳以上の高齢者は、8万6千人を超え、51年連続で過去最高を更新しています。

近い将来100歳が当たり前になるのかもしれないですね。

 

 

秋めいてきた別荘地内をご覧ください。

ヤマザクラなどの紅葉が進んできました。

P1140299.JPG

しらかば平

P1140308.JPG

しらかば平

P1140309.JPG

しらかば平

P1140292.JPG

からまつ平(立場林道)

P1140336.JPG

からまつ平  ツタウルシの紅葉も始まりました

P1140427.JPG

センター敷地内のヤマザクラ

P1140315.JPG

こけもも平沈砂池

P1140317.JPG

こけもも平(沈砂池)

P1140319.JPG

こけもも平(沈砂池)

P1140330.JPG

ヤマウルシ(こけもも平)

 

 

 

さて、別荘地内の立て看板を新しく設置しました。

P1140432.JPG

しらかば平入口

P1140433.JPG

各区画の入り口付近に設置してありますのでご覧ください。

 

 

午後、まるやち湖から八ヶ岳を撮影しました。

P1140435.JPG

14時半頃撮影

池の周りにはゴマナが群生しています。

この時間は八ヶ岳が美しく見えていたのですが、

P1140437.JPG

用事を済ませて戻る途中で八ヶ岳を見ますと、雲に覆われていました。   15時30分頃撮影

短い時間で変わってしまうものですね。

 

夕方は、雲が広がりましたが、夕焼けも見えていました。

今日は湿度が高く、日中は少し蒸し暑く感じました。

明日も天気がよさそうです。

 

     販売管理センター          22.5℃ 17:00現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ 17.6℃ 17:00現在

 

P1140423.JPG

今日のセンター

P1140425.JPG

センターのヤマボウシ

 

 

今日は朝から雲がひろがっていて、日差しがないので、

肌寒い陽気になっています。

湿度が高く、標高1000m付近では霧も発生していました。

P1140395.JPG

今朝の八ヶ岳方面

P1140396.JPG

入笠山方面

 

さて、今日は「コスモスの日」なのだそうです。

3月14日の「ホワイトデー」から半年となるのが9月14日で、

プレゼントにコスモスを添えて交換し、

お互いの愛を確認し合う日とされているようです。

なぜコスモスを添えるのか、ということになりますが、

赤いコスモスの花言葉が「愛情」ということで、

コスモスを添えるということになったようです。

コスモス.jpg

ちょうどコスモスが見頃を迎える時期で、タイミングもいいですね。

コスモスは、キク科コスモス属の一年植物です。

原産は熱帯アメリカで、メキシコからスペインに渡り、

マドリード王立植物園で「コスモス」と名付けられました。

日本には、明治20年に渡来したと言われています。

秋の季語にもなっているほど秋の花として定着していますね。

P1140255.JPG

コスモス(cosmos)という名前の由来は、

ギリシャ語で「秩序」や「調和」を意味する「kosmos」からで、

規則正しく花びらが並ぶ様子から名付けられたのだとか。

また、英語でも宇宙のことを「cosmos」と言いますが、

秩序によって調和を保っている宇宙のことを、

哲学者のピタゴラスが「cosmos」と呼び始めたからということなので、

コスモスは宇宙とも関連があるとも言えるかもしれませんねんね。

5056142_s.jpg

画像ではちょとわかり難いのですが、

コスモスが開花してすぐの段階で、花の中心を見てみると、星のような雄しべが見られ、

花の中に小宇宙が広がっているようです。

皆様も是非観察してみて下さい。

キバナコスモス②.jpg

キバナコスモス

茅野市芹ケ沢地区のメルヘン街道沿いでは

毎年オレンジ色のキバナコスモスが咲いていて綺麗です。

 

茎が線のように細く、とても儚そうにも見えるコスモスですが、

台風などで倒れても茎の途中から根を出してまた立ち上がって花をつけるほど

実はとても強く、見た目とのギャップも魅力です。

外来種とはいえ、今では日本の風景にとてもマッチしているようです。

 

 

いよいよ収穫の秋です。

今日は、たてしな自由農園に寄ってみました。

DSC_2738.JPG

ぶどうの種類が豊富で、産地まで行かなくてもよさそうですね

DSC_2744.JPG

最新品種もあります

DSC_2747.JPG

早くもリンゴが出ていました

 

そして、秋の味覚の王様といえば、

DSC_2746.JPG

松茸です

大きいです!

今年は、いつもより1週間ほど早く収穫が始まっているようです。

2年続きで不作が続いていたので、今年は豊作になるといいですね。

DSCPDC_0002_BURST20210914160.JPG

今日一番高価だったのはこちらでした

一生に一度でいいので、こんな松茸を採ってみたいです(笑)

 

どうぞ秋の味覚をお楽しみ下さい。

 

午後になり、最初はパラパラと降っていただけの雨は、夕方に本降りになりましたが、

夜半には上がり、明日は晴れる予報です。

 

     こけもも平(標高1500m)観測データ 12.5℃ 17:00現在

 

P1140408.JPG

今日のセンター

P1140394.JPG

センターに生えていたキノコ

ヤマドリダケでしょうか

 

 

 

 

rss

CONTACT

TEL.0120-753-880

お問い合わせ
資料請求

  • 八ヶ岳中央高原
    四季の森販売管理センター
  • 【営業時間】 9:00~17:00