四季の森ニュース

四季の森ニュース

今日は朝から雲がひろがっていて、日差しがないので、

肌寒い陽気になっています。

湿度が高く、標高1000m付近では霧も発生していました。

P1140395.JPG

今朝の八ヶ岳方面

P1140396.JPG

入笠山方面

 

さて、今日は「コスモスの日」なのだそうです。

3月14日の「ホワイトデー」から半年となるのが9月14日で、

プレゼントにコスモスを添えて交換し、

お互いの愛を確認し合う日とされているようです。

なぜコスモスを添えるのか、ということになりますが、

赤いコスモスの花言葉が「愛情」ということで、

コスモスを添えるということになったようです。

コスモス.jpg

ちょうどコスモスが見頃を迎える時期で、タイミングもいいですね。

コスモスは、キク科コスモス属の一年生植物です。

原産は熱帯アメリカで、メキシコからスペインに渡り、

マドリード王立植物園で「コスモス」と名付けられました。

日本には、明治20年に渡来したと言われています。

秋の季語にもなっているほど秋の花として定着していますね。

P1140255.JPG

コスモス(cosmos)という名前の由来は、

ギリシャ語で「秩序」や「調和」を意味する「kosmos」からで、

規則正しく花びらが並ぶ様子から名付けられたのだとか。

また、英語でも宇宙のことを「cosmos」と言いますが、

秩序によって調和を保っている宇宙のことを、

哲学者のピタゴラスが「cosmos」と呼び始めたからということなので、

コスモスは宇宙とも関連があるとも言えるかもしれませんねんね。

5056142_s.jpg

画像ではちょとわかり難いのですが、

コスモスが開花してすぐの段階で、花の中心を見てみると、星のような雄しべが見られ、

花の中に小宇宙が広がっているようです。

皆様も是非観察してみて下さい。

キバナコスモス②.jpg

キバナコスモス

茅野市芹ケ沢地区のメルヘン街道沿いでは

毎年オレンジ色のキバナコスモスが咲いていて綺麗です。

 

茎が線のように細く、とても儚そうにも見えるコスモスですが、

台風などで倒れても茎の途中から根を出してまた立ち上がって花をつけるほど

実はとても強く、見た目とのギャップも魅力です。

外来種とはいえ、今では日本の風景にとてもマッチしているようです。

 

 

いよいよ収穫の秋です。

今日は、たてしな自由農園に寄ってみました。

DSC_2738.JPG

ぶどうの種類が豊富で、産地まで行かなくてもよさそうですね

DSC_2744.JPG

最新品種もあります

DSC_2747.JPG

早くもリンゴが出ていました

 

そして、秋の味覚の王様といえば、

DSC_2746.JPG

松茸です

大きいです!

今年は、いつもより1週間ほど早く収穫が始まっているようです。

2年続きで不作が続いていたので、今年は豊作になるといいですね。

DSCPDC_0002_BURST20210914160.JPG

今日一番高価だったのはこちらでした

一生に一度でいいので、こんな松茸を採ってみたいです(笑)

 

どうぞ秋の味覚をお楽しみ下さい。

 

午後になり、最初はパラパラと降っていただけの雨は、夕方に本降りになりましたが、

夜半には上がり、明日は晴れる予報です。

 

     こけもも平(標高1500m)観測データ 12.5℃ 17:00現在

 

P1140408.JPG

今日のセンター

P1140394.JPG

センターに生えていたキノコ

ヤマドリダケでしょうか

 

 

 

 

今日は、高い雲は広がっているものの日差しはあり、山は見えていて、

湿度も低く、初秋らしい陽気になっています。

 

P1140278.JPG

今朝の八ヶ岳

P1140280.JPG

入笠山方面

P1140281.JPG

富士山

 

 

 

さて、オーナー様から八ヶ岳自然文化園に絶滅危惧種の花が咲いているとの情報をいただきましたので、

早速、文化園に行ってみました。

P1140354.JPG

園内の湿生花園入口付近です。

いろんな花に混じって、朱色の花がたくさん咲いています。

 

P1140364.JPG

エンビセンノウです。

エンビセンノウは、ナデシコ科センノウ属の多年草です。

湿気の多い山野に生えますが、分布域が狭く、北海道日高地方と、長野県、埼玉県の一部でしか

生育していないのだとか。

そのため、乱獲や盗掘も多く、近い将来における野生での危険性が高いとして

環境省のレッドリスト「絶滅危惧IB類」に指定されています。

そんな貴重が植物が自然文化園で咲いていたんですね。

P1140365.JPG

和名は「燕尾仙翁(えんびせんのう)」と書きますが、

燕尾という文字の通り、

花弁の末端が細長く2裂して長く伸びているのがツバメの尾のように見えることから

名付けられました。

P1140366.JPG

鮮やかな朱色がとても印象的です。

 

絶滅が危惧される植物ですが、八ヶ岳自然文化園には群生しています。

これからも咲き続けてほしいものです。

そろそろ花は終盤になりつつありますのでお早めにご覧ください。

P1140346.JPG

 

その他、湿生花園に咲いている花々です。

P1140386.JPG

アサマフウロの群生

P1140368.JPG

 

P1140385.JPG

ヤマトリカブト

P1140384.JPG

ミズヒキ

P1140313.JPG

ツリフネソウ

P1140380.JPG

ミゾソバ

P1140343.JPG

 

P1140383.JPG

キンミズヒキ

P1140378.JPG

タムラソウ

ノアザミと似ているのですが、葉が全く違うのですぐにわかります。

P1140375.JPG

アキノキリンソウ

P1140371.JPG

エゾミソハギ  そろそろお終いです

P1140373.JPG

ウメバチソウ

P1140376.JPG

サワギキョウ   こちらもお終いですね

P1140379.JPG

ノダケ

 

園内の様子です。

P1140387.JPG

芝生広場    気持ちがよさそうです

P1140388.JPG

シラカバ

P1140339.JPG

遊歩道脇に咲くゴマナ

P1140390.JPG

園内から見る青空

P1140338.JPG

駐車場に咲くフジバカマ

P1140391.JPG

駐車場からの眺め

皆様も、ご来荘の折には園内の散策はいかがでしょうか。

 

午後も、快晴ではないものの日差しがあり爽やかな陽気が続いています。

 

     販売管理センター           25℃ 15:30現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ 19.5℃ 15:30現在

 

朝晩は寒く感じられるようになってきました。

寒暖差が大きくなる時期です。皆様体調管理にお気をつけ下さい。

 

今日は朝から晴れています。

やはり晴れると気持ちがいいですね。

 

今日は青空とソバの花が撮影できると思い、

富士見町先達地区の先達甲六公園に足を運んでみました。

P1140237.JPG

八ヶ岳と満開のソバの花

P1140236.JPG

西側はまだ雲が多くあり山並みが見えません

P1140240.JPG

甲斐駒ヶ岳は見えていました

P1140238.JPG

ソバの花

 

普通の花は雄しべと雌しべが1つの花で受粉しますが、

ソバの花は雌しべの長い「長柱花」と、雌しべの短い「短柱花」という二種があり、

長柱花・短柱花それぞれの組み合わせでしか実を結べません。

風や虫が頼りの受粉なので、

虫が少なく、雨が多かった年には実を結ばずに散ってしまう花も多いそうです。

今年は雨が多かったので、実つきが悪いのかもしれませんね。

 

8月29日に撮影した時は、まだ花は咲いていなかったのですが、

今朝はちょうど見頃になっていました。

真っ白なソバの花が太陽の光で輝いていて、絶好の撮影日和でした。

 

先達甲六公園は、茅野北杜韮崎線沿いにあり、山梨県との県境になります。

 

 

そして、今日は富士山が見えていたので、

先日ご紹介した富士見町の富士山撮影スポットで撮影してみました。

P1140242.JPG

こちらもソバの花が見頃です。

かなり見頃だったのですが、光の加減なのかあまり白さが際立ちませんね。

満開はもう数日といったところでしょうか。

 

ソバの花も美しく咲いていますが、

P1140252.JPG

 茅野市泉野地区の水田地帯

水田では稲が黄金色に変わり、稲穂が下がってきました。

今日は水田の土手草刈りをしている方が多くいて、そろそろ稲刈りの準備なのかもしれません。

 

 

そして、今日は蓼科へ出向きましたので、蓼科湖を撮影してみました。

P1140257.JPG

蓼科山には雲がかかっていました。

遠目にはまだ夏の風景ですね。

P1140254.JPG

コスモスも色鮮やかに咲いています

P1140259.JPG

バラクライングリッシュガーデンの黄金アカシアは黄金色に変わりつつあります

 

P1140260.JPG

お昼頃のまるやち湖です

八ヶ岳山頂は雲が広がっていました

P1140249.JPG

このところ水鳥の姿が見られなかったのですが、今日はカイツブリが泳いでいました

 

14時半頃になりますでしょうか、立場林道と鉢巻道路の交差点で交通事故が発生しました。

四季の森のオーナー様ではなかったのと、けが人がいなかったのでホッとしましたが、

車3台が絡む事故で、1台は車両が横転していました。

四季の森周辺は坂が多く、信号もありませんので、とてもスピードが出やすくなります。

皆様どうぞ安全運転での走行をお願いいたします。

 

     こけもも平(標高1500m)観測データ 20.4℃ 17:00現在

 

P1140263.JPG

今日のセンター

P1140233.JPG

カシクルミの実

今日も朝から雨降りで、かなり激しい降りの時間帯もありました。

雨続きで、なんだか気持ちも晴れませんね。

 

P1140164.JPG

今朝の立沢大規模水田地帯のソバ畑

P1140165.JPG

こちらの畑のソバの花はそろそろお終い。花が茶色くなってきています。

 

 

さて、今日は五節句のひとつ「重陽の節句」です。

重陽の節句は、平安時代の初めに中国から伝わりました。

古来、中国では奇数は縁起のよい「陽数」と考えられており、

陽数の最大値である「9」が重なる9月9日を「重陽」と呼び節句のひとつとしました。

旧暦の9月は、現在の10月中旬頃にあたり、菊が美しく咲く時期なので「菊の節句」とも呼ばれています。

菊は「仙境に咲く霊薬」として、邪気を払い長寿の効能があると信じられていたため、

節句の行事には、菊の花の香を移した「菊酒」を飲んだりしていました。

重陽の節句が伝わった平安時代の日本では、

宮中行事のひとつとなり、菊を眺める宴「観菊の宴」が開催されたり、

菊を用いた厄払い行われ、時代とともに庶民にも広がり、

江戸時代には五節句のひとつとして親しまれる行事だったようです。

 

 

少しずつ秋の色になってきた別荘地内です。

P1140179.JPG

しらかば平S区画

P1140181.JPG

しらかば平R区画

P1140183.JPG

ドウダンツツジも色づいてきました

P1140184.JPG

ハナトラノオ

P1140185.JPG

シュウメイギク

P1140187.JPG

一之瀬堰のサクラ並木

P1140226.JPG

からまつ平D区画

P1140222.JPG

タムラソウ

P1140223.JPG

 

P1140190.JPG

鉢巻道路

P1140193.JPG

ヤマウルシの紅葉

 

こけもも平の植物です。

P1140195.JPG

オオツリバナの実

P1140201.JPG

ウルシの紅葉とガマズミの実

P1140202.JPG

ヒヨドリバナ

P1140203.JPG

イタドリ

P1140205.JPG

アキノキリンソウ

P1140216.JPG

ナナカマド

P1140206.JPG

モミジの葉も雨でツヤツヤ

 

午後になり、天気が回復してきました。

15時半現在青空も見えて、日が差しています。

 

     販売管理センター           26℃ 15:50現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ 20.9℃ 15:50現在

 

P1140231.JPG

今日のセンター    15時40分撮影

P1140230.JPG

ヨメナ(キク科)

今日は、朝から晴れて一安心です。

雨の心配のない「晴れ」になるのはどれくらいぶりなのでょうか。

 

さて、一昨日の9月5日の夕方から降り出した雨は、

その後雷雨で激しさを増し、原村でも大雨警報が発表されました。

翌9月4日(月)の4時43分に解除になりましたが、

茅野市宮川地区では土石流が発生し、建物9軒が全半壊したということです。

そして昨日も、朝は晴れていたのに、突然天気が崩れ、

原村では、11時15分に大雨警報が発表され、16時24分に解除されました。

長雨が一段落してホッとしたのもつかの間、

雨続きに加え、短時間で大量の降水があったのが引き金になったかもしれないですね。

その他茅野市の県道などでも路肩決壊など影響が出ているようです。

四季の森別荘地内につきましては、特に被害はありませんのでご安心下さい。

 

本当に土砂災害は恐いですね。

そして、身近で起こる危険があることなんです。

9月は防災月間です。

今年は特に雨が多く、今後も台風の季節で大雨の心配もある時期にもなりますし、

地震も心配ですね。

皆様におかれましては、ご来荘時の緊急対応の備えについてご一考いただければ幸いです。

 

P1140143.JPG

今朝の八ヶ岳

P1140144.JPG

入笠山方面

P1140145.JPG

青空とソバの花をやっと撮影できました

 

P1140148.JPG

今朝の弓振川

それほど水量はないように見えますが、水音は激しく聞こえています

P1140147.JPG

支流からの流水(弓振川)

いつもはもう少し穏やかなのですが、今日は水量が多く水しぶきが上がっていました

 

今日は、二十四節気の「白露」です。

「処暑」から「白露」へと変わり、秋分の前日までがその期間になります。

大地が少しずつ冷えてきて、草花に朝露がつき、白く輝いて見える頃という意味だそうです。

朝の光に輝く露のことを、昔の人は「白露」と表現しました。

「白露」は露の美称「しらつゆ」のことで、秋の季語にもなっています。

「露華(ろか)」「露珠(ろしゅ)」「銀露(ぎんろ)」「月露(げつろ)」「月の雫」など、

これらは全て露の美しさを表現した言葉です。

またお茶の「玉露」というのも、露を美しい玉に見立てた言葉だそうです。

 

 

今朝の、原村自然文化園横の「しらかばの小径」の様子です。

P1140150.JPG

 

P1140151.JPG

なにやら赤い実も・・・カンボクかもしれません

P1140152.JPG

 

P1140153.JPG

今朝のまるやち湖

八ヶ岳がくっきり見えて気持ちがいいです。

 

さて、別荘地内では、

P1130899.JPG

ヤマハハコが咲いています。

画像は8月中の撮影なので、今はもう少し咲き進んでいます。

ヤマハハコはキク科ヤマハハコ属の多年草です。

春の七草ハハハコグサ(ゴギョウ)に似て、山地に生えることから名付けられています。

ハハコグサは黄色の花ですが、ヤマハハコは白色です。

実はこの白く見える部分は葉が変化した総苞片と呼ばれるもので、

実際の花は真ん中の黄色い部分なので、ハハコグサと同じということになるでしょうか。

秋になると、黄色い花が茶色くなって、全体に乾いて自然のドライフラワーになります。

花の少なくなる時期はこれを飾ってもいいかもしれませんね。

 

P1130900.JPG

花が開き過ぎないのが面白いですね。

 

昼前に雲が広がる時間帯がありましたが、

すぐにまた晴れ、予報通り雨の心配のない晴れの爽やかな日中でした。

ただ、今日の夜の始め頃から曇り、明日の夕方からはまた雨が降るようです。

 

     販売管理センター           23℃ 16:00現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ 17.4℃ 15:50現在

 

こけもも平の観測地点では、今朝5時台に7.4度を観測しました。

富士山も今朝初冠雪したようで、平年より25日も早い観測なのだそうです。

いよいよ暖房が必要な時期になってきました。

 

P1140154.JPG

今朝のまるやち湖上空の青空

P1140163.JPG

今日のセンター

 

rss

CONTACT

TEL.0120-753-880

お問い合わせ
資料請求

  • 八ヶ岳中央高原
    四季の森販売管理センター
  • 【営業時間】 9:00~17:00