四季の森について

四季の森ニュース

rss

CONTACT

TEL.0120-753-880

お問い合わせ・資料請求

  • 八ヶ岳中央高原
    四季の森販売管理センター
  • 【営業時間】 9:00~17:00

昨日、早朝から予想されていた雪は雨でしたが、

西高東低の気圧配置で強い寒気が入り、夕方から夜の始め頃雪が降りました。

センター付近は1㎝程度、こけもも平は3㎝程積雪しています。

そして、今朝は冷え込みました。今季一番の寒さではないかと思われます。

晴れてはいるものの、冷たい風が吹いて気温は上がらず、今日は真冬日になりそうです。

 

     こけもも平の今朝の最低気温 -13.0℃ 7:30観測

 

朝8時頃の周辺の道路状況です。

P1070541.JPG

八ヶ岳エコーライン     日影以外は路面が見えています

P1070545.JPG

八ヶ岳ズームライン   エコーラインとの交差点から上がると一面白くなっています

P1070546.JPG

鉢巻道路

P1070549.JPG

村道原村ペンション線

 

 

別荘地内の道路も真っ白です。

P1070550.JPG

しらかば平村道

P1070553.JPG

からまつ平

P1070554.JPG

立場林道

P1070552.JPG

センター横「からまつの小径」散策路

 

お車の運転、お散歩のお足元には十分ご注意下さい。

 

 

さて、今日は大晦日です。

2020年は新型コロナウイルスに翻弄させられた1年でした。

現在も第3波の真っただ中で、この先もどうなってしまうのかとても不安です。

ですが、それを嘆いて立ち止まってもいられません。

今できることを楽しみながら、くる年を過ごしていけたらいいですね。

 

それでは皆様どうぞよい年をお迎え下さい。

2021年も、皆様の別荘ライフがより快適になりますようスタッフ一同お手伝いさせていただきます。

1年間ありがとうございました。

 

 

     販売管理センター         -3℃ 13:30現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ -6.0℃ 13:30現在

 

P1070540.JPG

今朝の富士山

P1070558.JPG

まるやち湖(12時頃撮影)

P1070557.JPG

八ヶ岳(12時頃撮影)

 

P1070556.JPG

今朝のセンター

P1070534.JPG

小望月(12月29日撮影)

 

昨日の午前中は雪が降りましたが、午後には天気が回復し、

気温も高くなったので道路の雪はあっという間に融けてしまいました。

それでも日影や除雪して溜まった雪は解けておらず、また融けた雪が凍結しているところもありました。

 

そして今日は、薄い雲が広がっていたものの、日射しも届き、冷え込みも少ない朝でした。

 

     こけもも平の今朝の最低気温  -2.5℃ 4:00現在

 

P1070520.JPG

今朝の八ヶ岳

P1070521.JPGP1070522.JPG

富士見パノラマスキー場                    南アルプス

P1070523.JPG

今朝の富士山

P1070525.JPG

北アルプスもくっきり

 

さて、明日からは数年に1回あるかどうかというような寒波が到来するという予報が出されています。

原村は、明日30日は午前中と夜の初めに雪、翌31日の朝は氷点下10度を下回る冷え込みが予想されています。

予報は間際になると変わる場合もありますので、こまめにチェックをされて、雪や寒さへの対策をお願いします。

 

 

そして、年末年始ということで、周辺のインフラ関係の業者、病院も休業となりますので、

センターで把握している範囲で当番店や連絡先などお知らせ致します。

 

◆上水道当番指定店(クリックで拡大します)

20201229091920-0001.jpg

◆電気(停電等)

  中部電力パワーグリッド → こちら

  チャットでのお問合せが可能です

 

◆休日当番医

  諏訪広域連合休日当番医 → こちら

 

◆行政

  原村役場 → こちら

  茅野市役所 → こちら

 

ご来荘時の参考にして下さい。

 

 

さて、近隣の車山SKYPARKスキー場が12月23日(水)にオープンしましたが、

スキー場のオープンに合わせ、車山山頂(1925m)に茅野市が整備したSKYTERRACE(スカイテラス)が新しく誕生しました。

20201229091723-0001.jpg

幅30m、奥行10mの木製のスカイテラスは、南斜面に設置され、上下2段構造で両端にスロープが設けられています。

山麓側にせり出した部分もあり、空に浮かんでいるような感覚が楽しめるようです。

今後、音楽イベントや星空観察会などが計画されるとの事です。

スキーへお出掛けの際などにご覧下さい。

20201229091723-0002.jpg

また、車山SKYPARKスキー場では、年末年始に花火大会やご来光ツアーなどが予定されています。

 

 

 

 

P1070527.JPG

今朝のまるやち湖

P1070518.JPG

ツグミ

 

 

    販売管理センター         8℃ 13:20現在

    こけもも平(標高1500m)観測データ 5.6℃ 13:20現在 

 

昨日の降雪で、別荘地内は除雪を行いましたが、除雪で路肩に固まった雪は残っており、

融け出した水が凍っている場所もありますので、どうぞご注意下さい。

 

そして管理センターですが、年末年始の休日はありませんが、期間中スタッフの少ない体制で営業させていただきます。

通止水などの請負業務につきましては、日によってはお受けするのが難しい日もございますので、

来荘、帰荘の日程が決まり次第、早めにご相談いただきますようお願い申し上げます。

 

P1070528.JPG

今日のセンター

P1070529.JPG

除雪して固めた雪はまだ残っています

P1070530.JPG

からまつ平別荘地内道路

今朝も冷え込みました。

朝、南側に薄い雲が出ていて強い日差しがなく、10時頃までは震えるような寒さでした。

その後、雲は消えて日差しが強くなり気温が上がってきました。

 

     こけもも平の今朝の最低気温 -5.5℃ 6:50観測

 

午前3時には氷点下6.8度まで下がっています。

 

P1070496.JPG

今朝の八ヶ岳

P1070497.JPG

今朝の富士山

薄い雲なので富士山も見えました。

P1070499.JPG

深山地区環境保全林から望む北アルプス(拡大しています)

P1070504.JPG

今朝のまるやち湖

 

 

さて、年の瀬も間近になってきました。

一週間後にはもう来年になっているのですよね。

年末年始は寒波到来の予報も出ていますが、気になるのは天気です。

元旦は初日の出が見られるのでしょうか。

八ヶ岳エリアは、冬の晴天率が高く、元旦も晴れることが多く、

過去10年連続で、晴天の元旦を迎えているそうです。

 

2459671_s.jpg

初日の出(イメージ)

 

富士見町にある2つのスキー場では、元旦の早朝、リフトやゴンドラの運行があります。

どちらのスキー場も眺望は最高なので、思い出に残るご来光をご覧いただけるのではないでしょうか。

 

富士見高原スキー場 初日の出リフト

 運行日   2021年1月1日(祝)

 時 間   5時45分~

 料 金   800円(往復)

201221kougen_03.jpg

 

富士見パノラマスキーリゾート

 運行日   2021年1月1日(祝)

 時 間   5時30分~

 料 金   大人 1700円

       子供   800円

 

詳細は、公式ページでご確認下さい。

 

日の出は6時50分~6時55分頃になるようです。

日の出時間近くになりますと、乗客が増え、日の出に間に合わないこともあるようです。

余裕をもってお出掛け下さい。

一番冷え込みの厳しい時間帯になりますので、防寒対策は万全になさって下さい。

そして、新型コロナウイルス対策もお忘れなく。

寒波の影響がどうなのか心配ですが、予約制ではありませんので、

前の日の天気予報を見てから決めてもよさそうですね。

 

2038715_s.jpg

初日の出(イメージ)

 

 

さて、今日は蓼科へ出向きましたので、蓼科湖を撮影してみました。

P1070506.JPG

蓼科湖から望む八ヶ岳

まだ湖は凍っていませんでした。

近くの道の駅も人出は少なく、年末ですが落ち着いた雰囲気でした。

 

ズームラインからの眺望です。

P1070508.JPG

八ヶ岳(芹ケ沢地区付近より)

P1070513.JPG

蓼科山、北横岳、縞枯山、茶臼山(豊平地区付近より)

P1070512.JPG

茅野市街と北アルプス(豊平地区付近より)

今日も素晴らしい景色を楽しめました。

 

 

そして、樅の木荘施設の隣にある「樅の木桜公園」や、樅の木荘新館西側などに遊歩道が整備されたようです。

P1070500.JPG

 

P1070501.JPG P1070502.JPG

桜の木の間を通る遊歩道は土を固めたもので、歩くと足に優しい感触です。

また、ウッドチップが敷かれた遊歩道もあり、樅の木荘の足湯にもスロープで繋がっているそうです。

来年の桜の季節はお散歩が楽しくなりそうですね。

桜公園内にはいくつかウッドデッキが設置されていますが、

来年の春以降、テントを設置して宿泊ができるようになるということです。

 

P1070503.JPG

樅の木荘裏手の原村郷土館

ここにも顔つきの「わらにょう」がありました

 

 

午後になり、雲が広がって日射しがなくなり、だんだん気温も下がってきました。

明日は午前中に雪が降るとの予報なので、お天気はこれから下り坂のようです。

ご来荘を予定されていらっしゃる方は、運転はくれぐれもご注意下さいませ。

道路状況ですが、からまつ平、しらかば平は、日影が凍結しているところがあります。

こけもも平の道路は、まだ圧雪、一部凍結している状態です。

雪が積もりますと路面の状態がわからなくなりますので、低速での走行をお願いします。

 

 

     販売管理センター         6.5℃ 14:00現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ 4.1℃ 14:00現在

 

 

P1070515.JPG

今日のセンター

P1070516.JPG

波状雲

 

昨日は風がとても強く荒れた天候で雪が舞ったりしたのですが、

今朝は、少し山に雲がかかっていましたが穏やかに晴れました。

 

     こけもも平の今朝の最低気温 -6.5℃ 8:00観測

 

P1070462.JPG

今朝の八ヶ岳

P1070464.JPG

今朝の富士山

P1070465.JPG

今朝のまるやち湖

P1070467.JPG

硫黄岳・横岳・阿弥陀岳のアップ

 

 

 

さて、原村の払沢区の遊休農地には、「わらにょう」が作られています。

P1070484.JPG

わらにょう

 

わらにょうは、昔から諏訪地方に伝わるもので、

藁(わら)を保存する手段として昭和40年代くらいまではどの農家でも作っていたものなのですが、

最近ではほとんど見られなくなってしまいました。

こうした歴史的景観を残すため、払沢活動組織の方々が、払沢の遊休農地に作りました。

P1070481.JPG

わらにょうと八ヶ岳

 

わらにょうは、水稲の取り入れが済んだ水田で天日乾燥させた稲わらを、

空き地に「にょうとり棒」を立てて、一定量づつ括りつけ積み上げて作られていきます。

保存されたわらは、家畜の飼料、寝藁にして厩舎で踏ませ厩肥にされたほか、

養蚕用や米俵や荒縄、ムシロ・カマス・草履などわら細工に加工して利用されていました。

また、使用目的のない場合は、畳床材として売却され、利用できなくなったわらは堆肥として使用されていたそうです。

P1070480.JPG

遊休農地は「払沢区憩いの広場」と名付けられ、どなたでもご覧いただけます。

広場からは、八ヶ岳はもちろん南アルプス、北アルプスも望め、山々をバックにわらにょうの撮影もできます。

今日は少し雲が多めでしたが、八ヶ岳が綺麗に見えました。

場所は、こひつじ幼稚園の近くで、幼稚園を目指していただければすぐにわかります。

 

 

そして、村中まで下りたついでに原小学校の校庭のスケートリンクの様子も見てみました。

P1070477.JPG

全面結氷しています。広いですね。

私が通った小学校でもスケート教室がありましたが、こんなに広いリンクではありませんでした。

原小学校は昔からスケートの強豪校なので、父兄やOBなどとても熱心なんですね。

P1070478.JPG

天然リンクとはいえ、夜の寒い時間帯に水を撒いたり氷を整えたり大変な作業です。

オープンは例年1月からとなるようで、小学生だけでなく一般の方も利用できるそうです。

また詳細がわかりましたらお知らせ致しますね。

P1070479.JPG

子供たちは待ち遠しいでしょうね

 

 

 

さて、12月18日のニュースの一番最後に掲載しました三日月の画像ですが、

オーナー様から木星と土星も写ってるよ、とご指摘いただきました。

P1070356.JPG

自分では全く気付かなかったのですが、三日月を撮影したらたまたま写っていたんです。(右上の白い二つの点です)

12月は天体イベントが盛りだくさんでした。

月と金星の大接近、ふたご座流星群、木星と土星の大接近、月と火星の接近などいろいろありました。

その中でも月と木星、土星が接近するという貴重なタイミングだったようです。

次に木星と土星が接近するのは2080年になるんだそうです。これが最初、そして見納め・・・。

何の気なしに撮影した画像がこんな貴重がものだったとは。

画像は大切に保存しておきたいと思います(笑)

オーナー様お知らせいただきありがとうございました。

 

そして、12月の天体イベントのトリを飾るのは満月です。

12月の満月は、長い夜が訪れ冬の寒さが強くなることからコールドムーン(寒月)と呼ばれます。

満月は、12月30日(水)の12時28分だそうです。

寒波到来との事なので、まさにコールドムーンとなりそうですね。

 

 

 

     販売管理センター           4℃ 15:40現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ -0.7℃ 15:40現在

 

P1070491.JPG

今日のセンター

P1070494.JPG

夕焼け

P1070493.JPG

夕日を浴びた阿弥陀岳と月(こけもも平)

 

 

 

 

 

 


 

昨夕から薄い雲が広がってきていたので、今日の天気は曇りになるのかなと思っていたのですが、

朝から晴れていました。冷え込みも少しで、日中は暖かくなりそうです。

 

     こけもも平の今朝の最低気温 -4.4℃ 4:00観測

 

P1070455.JPG

今朝の八ヶ岳   快晴です

P1070453.JPG

今朝の北アルプス

雲があるものの、浮き上がった白い山々が目に飛び込んできました。

P1070458.JPG

今朝の富士山

富士山には二重の笠雲(レンズ雲)が出ていました。

「富士山に笠雲がかかれば雨」「ひとつ笠は雨、二重笠は風雨」と言われています。

実際7割の確率で麓は雨になるそうです。

 

 

さて、今日はクリスマス・イブですね。

クリスマスはキリスト降誕祭です。「eve(イブ)」とは夜や晩を意味する「even」から来たもので、

クリスマス・イブは「クリスマスの夜」という意味になります。

日本ではクリスマスの前夜と認識されることが多いですが、

キリスト教会暦では、日没が1日の始まりであり、クリスマスは24日の日没から25日の日没までとなるため、

クリスマス・イブは言葉通り「クリスマス当日の夜」ということになるようです。

サンタクロースがプレゼントを配るのもイブから早朝にかけですしね。

P1060978.JPG

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

 

さて、クリスマスに欠かせない植物といえば、「クリスマスホーリー」です。

クリスマスホーリーとは、トゲトゲの葉っぱに赤い実がついたセイヨウヒイラギのことです。

クリスマスケーキにローソクと一緒についてくる飾り、ご存じですね。アレです。

 

セイヨウヒイラギは、モチノキ科モチノキ属で西アジア・地中海沿岸が原産の常緑低木ですが、

英名をヨーロピアンホーリーまたはイングリッシュホーリーといい、別名クリスマスホーリーと呼ばれています。

ちなみに、ホーリー(holly)とはモチノキ属のことで、ホーリーナイト(聖夜)のホーリー(holy)とは違うそうです。

 

イエスの受難の血と苦悩を象徴する「聖なる木」で、イエスの足元に落ちた血の跡から生えた植物ともいわれ、

魔除けの力が宿っていると信じられているため、クリスマスには欠かせない装飾の定番となっています。

ツリーに飾られる赤い玉のオーナメントはセイヨウヒイラギの実を意味しているとも言われています。

 

ところが、日本でクリスマスホーリーの名前で売られているヒイラギの多くは、

和名「ヒイラギモチ」と呼ばれるモチノキ属の近種だということです。

P1070307.JPG

ヒイラギモチ(別名チャイニーズホーリー)

東アジアが生息地で、シナヒイラギとも呼ばれます。

我が家のご近所のお宅のヒイラギモチです。

昔からセイヨウヒイラギだとばかり思っていましが、今回ヒイラギモチであることが判りました。

たくさんの赤い実をつけていて、ツヤツヤの葉とのコントラストが美しいです。

葉にトゲがあるためか、鳥に食べられることはないようです。

P1060910.JPG

赤い実がクリスマス気分を盛り上げてくれますね。

 

さらに日本には節分に魔除けとして飾られるヒイラギ(モクセイ科モクセイ属)があります。

セイヨウヒイラギと同じように、神が宿る神聖な木とされ、邪鬼払いや魔除けのおまじないとして使われてきました。

花期はクリスマス頃で、春に黒い実をつけるそうです。

138493_s.jpg

柊(ヒイラギ)

 

セイヨウヒイラギは、早くから葉が丸くなってしまう特徴があり、葉のトゲは若木の頃だけで、

成木になると完全に楕円形になった葉が多いそうです。

日本でヒイラギモチがクリスマスの飾りに使われるのは、セイヨウヒイラギより手に入りやすいこともあるのですが、

丸くなった葉よりもトゲのある葉を持つヒイラギモチのほうが聖なる木として好まれる面があるようです。

 

そして、

P1070430.JPG

もう一つクリスマスに欠かせない植物のひとつにヤドリギがありますね。

ヤドリギには愛の木という側面があります。

クリスマスの季節、ヤドリギの下にいる若い女性はキスを拒むことができず、もし拒んでしまうと

翌年は結婚のチャンスがなくなってしまうというのは有名ですね。

この伝説が、恋人同士がヤドリギの下でキスをすると結婚の約束をしたことになると発展したようです。

他にも、ヤドリギの下で友が出会うと幸せになり、敵が出会うと戦いをやめるとか、

雷除けや悪い存在から子供を守るというという言い伝えもあるのだとか。

P1070429.JPG

八ヶ岳自然文化園のヤドリギ

 

クリスマスに飾られている木にもいろいろな意味合いがあるんですね。

皆さま、どうぞ楽しいクリスマスをお過ごし下さい。

 

 

P1070460.JPG

今朝のまるやち湖

相変わらずの全面結氷ですが、昨日の朝よりは氷の上の雪が融けているようです。

 

 

     販売管理センター          7℃ 13:50現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ 3.4℃ 13:50現在

 

朝は晴れていたのですが、お昼前から雲が広がり、現在は薄日が時々射すような曇りになっています。

遠くの山は見えているので、雪や雨が降ってくるような感じではありません。

 

P1070461.JPG

今日のセンター

DSC_2442.JPG

クリスマスのモラ刺繍(パナマの手芸)

DSC_2443.JPG