四季の森について

四季の森ニュース

rss

CONTACT

TEL.0120-753-880

お問い合わせ・資料請求

  • 八ヶ岳中央高原
    四季の森販売管理センター
  • 【営業時間】 9:00~17:00

昨日から天気予報で、大荒れになるという報道がされていたので、今日はどんな天気になるのか心配でした。

朝は、雲が広がり日射しも少なかったのですが、晴れているところもあって、

午前中は時折日が射しました。

 

     こけもも平の今朝の最低気温 -6.8℃ 6:50観測

 

P1070715.JPG

今朝の八ヶ岳

雲は広がっていましたが、まだ山頂は見えていました

P1070716.JPG

西山方面

こちらも山頂に雲が広がってきていました

P1070718.JPG

富士山方面    左側の光は太陽です

裾野だけが見えていました

 

 

 

さて、今日は七草ですね。皆様、七草粥は食べましたか。

1430212_s.jpg

左からゴギョウ、ホトケノザ、セリ、スズナ、スズシロ、ナズナ、ハコベラ

 

今では、パック詰めされた七草がスーパーなどで手に入るようになりとても便利なのですが、

日本では古来より、年の始めに野に出て、芽を出し始めた草を摘み取る「若菜摘み」が行われていました。

小倉百人一首にもありますが、

「君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ」(古今和歌集)と歌われているように、

とても特別な行事であったようです。

 

そして、1月7日は「人日の節句」です。

季節の変わり目の特定の日に、神様に供物を供えて祝う日を節句と呼びますが、

節句の中で特に重要とされるのが「五節句」で、1月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、

7月7日(七夕)、9月9日(重陽)があります。

古来から中国では正月1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、

5日を牛の日、6日を馬の日として、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていました。

また、7日を「人の日」として、犯罪者に対する刑罰も行わないことにしていたようです。

こうした事に加え、中国では7日に、その年に採れた若菜を ’あつもの’(スープ)にして食べる風習が古くからあり、

また日本の宮中で1月15日に7種類の穀物の粥を食べて五穀豊穣を祝っていた風習とが融合し、

現在の七草粥として伝わっているのだそうです。

 

七草は野草ですから、正月に7種類の若菜を摘むことがかなわなかった地域では、

ネギやダイコンの葉を入れたり、漬物の青い葉を使ったり、小松菜を入れたりすることもあったようです。

また、人日の節句は江戸時代に正式な行事として制定されたため、

七草の調理作法などもきちんと決められていたんだそうです。

今でも伝統として行われているところもあるのでしょうね。

 

1423313_s.jpg

七草粥

 

 

 

四季の森周辺は午後になり、雲が急に広がってきて雪が舞っています。

P1070740.JPG

強く降ったり弱くなったりを繰り返しています。道路も濡れ始めています。

明朝は、積雪の可能性もあります。風も強くなるとの予報ですので、

倒木や落枝にもご注意下さい。

 

     販売管理センター          -1℃ 14:40現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ -5.6℃ 14:40現在

 

P1070738.JPG

今日のセンター 14時40分撮影

 

夕方になり、雪が積もってきました。

以下の画像は16時撮影です。

P1070742.JPG

青空も少し出ているのですが、一面真っ白です。

P1070741.JPG

車のウィンドウも真っ白

 

今朝は冷え込みました。

早朝は雲が多いかなと思っていましたが、あっという間に晴れて、山にも雲がかかっていませんでした。

 

     こけもも平の今朝の最低気温 -8.1℃ 7:00観測

 

P1070623.JPG

今朝の八ヶ岳

P1070624.JPG

西山方面には雲海が発生していました

P1070627.JPG

今朝の富士山

 

 

今日は「六日年越し」とか「六日年取り」と呼ばれます。

1月7日を「七日正月」ということから、その前夜が年越しとして祝われてきました。

関東では、「松の内」の最後の日になります。

そして明日は「七日正月」で、七草粥を食べて元旦から続く一連の正月行事が終わります。

 

 

 

さて皆様、今日やっとリスを撮影することができました(笑)

P1070641.JPG

森の中でうごめくものがあったので、撮影したらリスだったんです。

 

P1070641 (2).JPG

アップするとこんな感じです。

 

ニホンリスは、別名ホンドリスと呼ばれていて、本州から四国・九州にかけての森林地帯に生息しています。

樹上性で、普段は単独で生活しています。

体色は夏毛と冬毛の色が異なり、冬は灰色を帯びたような褐色で、夏は茶色や赤みを帯びます。

腹面は喉から下が白色となり、よく似たタイワンリスとの区別になるとのこと。

昼行性の動物で、主に朝夕に活発に行動し、ドングリや松の実を好んで食べると言われています。

しかしながら、ニホンリスは雑食性のため、昆虫や小鳥の卵も食べるのだそうですよ。

また、野生での寿命は3~5年程だそうです。

 

別荘地の中を活発に動き回っていて、よく目にするニホンリスですが、

動きが素早くなかなかカメラに収めるのが難しいのです。

今回撮影できたのはこの1枚だけ。あとは素早く動いて森の奥へ行ってしまいました。

 

P1070642.JPG

これもリスの一部、お尻から尻尾にかけてが写っていますね

またチャレンジしてみます。

 

 

さて別荘地内ですが、道路の雪もだいぶ融けてきました。

からまつ平やしらかば平では、日影の一部に残っているだけです。

こけもも平は日かげと日なたの落差が大きいのですが、日かげの道路も路面が見えるようになってきました。

P1070691.JPG

こけもも平(7・8区画)

P1070697.JPG

こけもも平ゴミステーション付近

P1070692.JPG

標高1592m(こけもも平最高地点)

 

そして、こけもも平からの眺望です。

P1070689.JPG

阿弥陀岳

P1070690.JPG

アップだとこうなります

P1070695.JPG

茅野市街地方面

P1070696.JPG

車山

 

 

     販売管理センター          1.5℃ 13:40現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ -2.0℃ 13:40現在

 

お昼過ぎから南の空に雲が広がってきました。

別荘地内の雪はだいぶ融けてきのですが、

また明日夕方頃からこれまで以上の強い寒波が到来するようなので、ちょっと心配です。

 

P1070713.JPG

今日のセンター

P1070628.JPG

ヤドリギ

 

 

 

 

 

今朝は雲が広がり、時折薄日が射す曇りとなっています。

雲があるので冷え込みもそれほどではなかったのですが、日射しがないので気温以上に寒く感じます。

 

     こけもも平の今朝の最低気温 -5.1℃ 4:00観測

 

P1070611.JPG

今朝の八ヶ岳

P1070613.JPG

今朝の富士山

P1070616.JPG

鳳凰三山 甲斐駒ヶ岳 鋸岳

P1070612.JPG

富士見パノラマスキー場

頂上をアップしてみました。

P1070615.JPG

ゴンドラの終点です。

雪煙が上がっているようですが、風が強いのでしょうか。

 

 

さて、今日は二十四節季の「小寒(しょうかん)」です。

寒さが本格的になる頃のことで、1月20日の大寒までの期間のことも指しています。

小寒から寒の入りとなり、立春が寒の開けとなるのですが、

寒の入りから寒の開けまでの約1ヶ月を「寒(かん)」とか「寒中」、「寒の内」と呼びます。

「小寒の氷 大寒に解く」ということわざもあるように、大寒より小寒の頃のほうが寒いという年もあります。

いずれにしても、寒さが本格的に厳しくなる時期に入ったということですね。

P1070621.JPG

除雪した道路脇の雪はまだ融けていません

 

寒の入りにちなんだ「寒四朗」、「寒九」という言葉をご存じですか。

「寒四朗(かんしろう)」は、寒の入から四日目のことで、今年は1月9日になります。

この日は麦作の豊凶を占う日とされており、晴れなら豊作、雨や雪なら凶作とされました。

一方「寒九(かんく)」は寒の入りから九日目を指し、今年は1月14日です。

この日も天気で農作物の収穫を占っていましたが、「寒四朗」とは逆で、雨なら豊作の兆しとされています。

また、寒九に降る雨は「寒九の雨」と呼ばれ、冬の季語にもなっているんですね。

 

そして寒九は、1年で1番水が澄む日とされ、「寒九の水」と呼ばれ、薬にもなるとも言われていました。

昔は井戸水でしたので、寒さで雑菌の繁殖が抑えられる時期の水がよいとされたのでしょうね。

 

さて今年の「寒四朗」「寒九」、寒そうですがお天気はどうなのでしょうか。

 

 

P1070618.JPG

今朝のまるやち湖

正に小寒の景色ですね。

 

 

     販売管理センター         4.5℃ 13:30現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ 1.2℃ 13:20現在

 

気温はプラスになりましたが、風も冷たく体感気温は低いままですが、

午後になり雲が消えて、日射しが届くようになってきました。

P1070620.JPG

 

今朝も寒さが厳しくなり山には雲がかかっていました。

それでも晴れたり曇ったりといったことはなく、青空が広がり強い日が射しています。

 

     こけもも平の今朝の最低気温 -9.4℃ 6:00観測

 

P1070589.JPG

今朝の八ヶ岳

P1070590.JPG

富士見パノラマスキー場

昨日もそうだったのですが、少し霧が発生していました。

P1070591.JPG

今朝の富士山

今日は箱根駅伝ですね。今日は絶好の駅伝日和です。

今年はどこの大学が総合優勝するのでしょうか。

 

 

さて、年が明けますと元旦、元日、松の内、正月などいろいろ使っていますが、

実際にはどんな意味があり、使い方に間違いがないのか少し調べてみました。

「元日」は、1年最初の日で、1月1日のことです。

「元旦」というのは、元旦の朝という意味になります。

「旦」という文字は、太陽が地平線から出るさまを表した漢字で、朝や夜明けを指すそうです。

「正月」は1月のことで、1年最初の月のことを言うのですが、実際は1ヶ月を指すことは少なく、

一般には正月を祝う期間(三が日や松の内)を指しているようです。

また、三が日は元旦から3日間のこと、松の内というのは正月飾りのある内という意味です。

風習や行事としていう場合の「正月」は、松の内のことを指していることが多いようです。

昔は元旦から15日(小正月)を松の内といっていましたが、現在は7日までを指すことが一般的になっています。

ただし、地域によって違いがあり、関西では15日(小正月)まで、

一部では20日(二十日正月)までを指すところもあるようです。

 

 

さて、本日の別荘地内の様子です。

雪が多めに残っているところを中心に撮影しております。

P1070596.JPG

からまつ平(F・G区画)

P1070602.JPG

からまつ平(K・L・M区画)

P1070600.JPG

しらかば平(P区画)

P1070601.JPG

しらかば平(V区画ゴミステーション付近)

P1070604.JPG

こけもも平(1・3区画)

P1070606.JPG

こけもも平(6・7区画)

P1070603.JPG

共用道路

 

 

そして、今日別荘地内で見つけました。

P1070598.JPG

ピンボケですが右上にリスが写っています。

しらかば平の村道で見つけました。何枚か撮ったのですが写っていたのはこの画像だけでした。

P1070608.JPG

雪だるま

とても癒される表情です。

 

 

そして今朝のまるやち湖です。

P1070592.JPG

 

P1070593.JPG

湖に動物の足跡が・・・

P1070594.JPG

こちらは人間の足跡

湖は立入禁止です。雪があり氷の状態が確認できませんので、

くれぐれも湖には立入らないようお願いします。

 

 

更に、スタッフから本日の車山の画像が届きました。

1609567988744.jpg

車山山頂

雪は降っていないようですが、雲に覆われて見通しが悪くなっています。

1609567992060.jpg

12月29日のニュースにも掲載しました、山頂のスカイテラス

1609567997088.jpg

霧氷

寒そうですね。

四季の森からはそんなに離れてはいないのですが、1925mと標高が高いので、山の天気です。

 

 

 

     販売管理センター          0.5℃ 13:20現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ -2.4℃ 13:20現在

 

午後になり、風が出てきました。日が沈むと急激に気温が下がってきます。

P1070609.JPG

今日のセンター

P1070586.JPG

早朝の月

 

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

1609460790131.jpg

富士見高原リゾート創造の森展望台からの初日の出     スタッフ撮影

 

 

2021年丑年の元旦です。

日の出の頃は晴れていたものの、8時頃から雲が広がり雪も舞っていましたが一時的で、

お昼を過ぎた頃から晴れ間が広がってきましたが、風が強く吹きつけ凍えるような寒さが続いています。

 

     こけもも平の今朝の最低気温 -8.4℃ 4:00観測

 

P1070569.JPG

今朝の八ヶ岳

P1070571.JPG

富士見パノラマスキー場

P1070577.JPG

立沢大規模水田地帯からの富士山      8時頃撮影

 

 

今朝はお雑煮を召し上がりましたか。

お雑煮は、お正月に飾った鏡餅を、お供えした山や海の幸と雑して(混ぜて)煮て食べたことから

お雑煮と呼ばれるようになったと言われています。

元々は武家に伝わる習わでしたが、江戸時代中期頃から庶民にも広く知れ渡るようになったということです。

 

お雑煮は、お供えものの違いや、味付けの違いなど、地方で大きく異なっています。

東日本は醤油ベースで角餅、西日本は味噌ベースで丸餅と大きな違いがあります。

実は、お昼に香川県出身の知人のSNS見たところ、

白味噌ベースの汁に餡入り丸餅を入れたお雑煮を紹介していました。

味噌に餡という組み合わせなどちょっと想像もできないのですが、地域に伝わる食文化を知るのも面白いですね。

特にお雑煮は郷土色の強い食べ物です。

 

農林水産省のホームページには、全国のお雑煮マップを掲載しており、

餅が角か丸かだけでなく、煮るのか焼くのかという細かな分類もされています。

旅した気分で地方のお雑煮を作ってみるのも楽しいかもしれませんね。

 

     農林水産省 全国のお雑煮マップ → こちら

     全国お雑煮図鑑(前原製粉) → こちら

 

 

そして今年の干支「丑」

P1070578.JPG

八ヶ岳中央農業実践大学校牧場の牛たち

 

牛は古くから酪農や農業で人間を助けてくれた大切な動物で、その働きぶりから、

丑年は「我慢(耐える)」、「これから発展する前触れ(芽が出る)」というような年になると言われています。

初めはいろいろあっても、希望に満ちた1年になるといいですね。

P1070581.JPG

 

 

     販売管理センター          0℃ 15:00現在

     こけもも平(標高1500m)観測データ -4℃ 15:00現在

 

今日も真冬日の四季の森です。

P1070584.JPG

今日のセンター

P1070559.JPG