小児運賃について

大人運賃と小児運賃

(2017年11月1日現在)

割引の規定

組み合わせの例

組み合わせの例

予約制高速バスなどの幼児・乳児のご利用について

(2017年11月20日より適用)

予約制高速バスなどの例外

着席上のご注意

  • 安全のため、1人1席に着席し、シートベルトをお締めください。
  • 乳児など、身体が小さくシートベルトを着用できないお子様に限り、大人が膝に抱っこしてご乗車できます。その場合、抱っこ紐の使用をお願いします。
  • ただし、長時間のご乗車、及び前の方のリクライニングによりスペース確保が難しい場合もあるため、抱っこによるご乗車は、基本的にはお勧めできません。
着席上の注意
  • 道路交通法により、身体の大きさによりシートベルトが着用できない場合や、健康上の理由等のやむを得ない場合を除いては、シートベルトの装着が義務付けられています。


乗車定員の考え方

乗車定員の考え方
  • 道路運送車両法により、乗車定員が定められています。法律上、12歳未満のお子様1.5名が、大人1人として数えられます。


小児運賃でのご利用方法

  • 通常運賃と同様にお支払いください。
  • 運賃のお支払いには、現金のほか、乗車券、ラ・クーポン(回数券)、定期券などがあります。
  • 長野市のICカード「KURURU」をご利用の場合、「小児用カード」をご利用ください。
  • 小児割引は普通運賃に対しての割引となります。割引乗車券などで小児運賃の設定がない場合があります。